心から解決を望むなら お一人で悩まずご相談を あなたのお力になりたい

調査 具体的実例 - 浮気調査内容と費用を具体的に表示しました。当社は明瞭会計で安心をご提供します。

具体的実例

夫の浮気 ケース①

妻の浮気 ケース①

夫の浮気 ケース②

35歳妻(専業主婦)より会社員の夫の浮気調査依頼

ファミリー相談受付フリーダイヤルに、35歳妻より夫の浮気調査についての相談が入る。
小さな子供が居るし、近所の目も有るので女性相談員に翌日自宅に来て欲しいとのこと。

翌日、約束の時間に女性相談員が訪問し、詳しい話を聞く。
夫(38歳)は会社員で営業部所属。以前より接待で遅い帰宅はあったが、予定を前日には伝えてくれていたし、24時を過ぎる帰宅は稀であった。2ヶ月程前からか、何も言わないで遅くなったり、深夜2時過ぎに帰宅したりするようになり、休日のはずの土曜日も仕事を理由に出掛けてしまうことが多くなった。その頃から、今迄は無頓着だった携帯電話を離さなくなり、一度入浴中に通話やメールをチェックしようとしてみたら、暗証番号を入力しなければ見られないようにロックを掛けていた。

度重なる遅い帰宅や休日に出掛けてしまうことについて、話し合いをしてみたが、あくまでも“仕事”と言い張り、埒が開かず。携帯のロックの件を尋ねると「夫婦であっても勝手に携帯を見るなんてお前はおかしい!そんなに信じられない夫ならいつでも別れてやる!」と逆上。
女性相談員は経験から夫の浮気を確信。調査を実施することにした。

調査1日目(火曜日)
徒歩にて自宅へ入る。

調査2日目(木曜日)
前回同様に19:30頃会社を出る。前回調査にて立ち寄ったスナックに入っていく。

調査3日目(土曜日)
夫が休日出勤と称する土曜日に、自宅より調査を実施。尾行を続けると、途中で国道沿いのファミリーレストランにて食事をし、その後高速I.C付近のラブホテルに入る。

担当相談員から調査報告を受けた依頼者は、相当なショックを受けた様子であったが、現在のところはすぐに離婚をする意志は無いとのことで、担当は夫婦関係修復の為にアドバイス。
今回の調査結果が万が一の事態の時にいつまで有効か、話し合いをどうすれば良いか、相手女性に対してどの様なアクションを起こすか等々のアドバイスにより、依頼者からも「子供の為にも落ち込んでばかりいないで、前を向いて頑張ります!」との言葉が出る。その後に担当相談員に依頼者より手紙が届き、夫婦両家の両親を交えて話し合い、夫も謝罪の上に家庭を大切にしていくことを約束したとのこと。夫のことを以前のように信じることは中々出来ないが、自分自身も妻として努力を続けていることがファミリーへの感謝の言葉と共にそこには書かれていた。

浮気行動調査 3日(延長時間有り) 約34万円

45歳夫(会社員)より、パート勤務の妻の浮気調査依頼

スーパーのレジパート勤務の妻が浮気をしているようだとの相談を受ける。

妻(38歳)は依頼者である夫の転勤により、今の場所に夫と共にやって来た。知人・友人も居ない上に夫婦間に子供ができていない為に少し暇を持て余している様子だったので、生活にゆとりはあったが、近所のスーパーへパート勤めをしてみたいという妻の希望を快く受け入れた。

当初は慣れない仕事ながらも、一日の出来事を楽しそうに話す妻を見ていて安心していたが、年末の職場の忘年会への参加を境に妻の様子が変わってしまった。年が明けてからは何か素っ気無い様子で口数も減り、週に一度(火曜が多い)は職場の友人と食事やカラオケBOXに行くといって遅くなり、夜の生活を拒むことも目立つようになった。浮気の確信は依頼者には無いが、火曜日1日だけの勤務後の行動を見て欲しいとのこと。

相談担当も話を聞く限り、「100%の浮気」とまでは決めつけなかったが、夫への想いが徐々に薄らいでいく様子が、夫と居る時間より優先する時間が存在することからも感じ取れたことと、“浮気をしている”ということを前提に考えれば現在の妻の様子に整合性があるとして、浮気調査として浮気の証拠と浮気相手の所在確認を目的として調査を実施することにした。

調査実施日(火曜日)
妻の勤務終了時間に調査開始。自宅に20時30分過ぎに妻の車が停車してある。この調査は空振りかと調査員が思った瞬間に家の灯りが消え、妻が車に乗り込む。調査員が尾行すると、妻は勤務先とは別の24時間営業のスーパーの駐車場に停車。車からは降車せずに誰かを待っている様子が窺われる。ほどなく妻の車の横に白のセダンが停車すると、妻はその車の助手席に乗り込む。車は駐車場に出るとコンビニに立ち寄り、そのままラブホテルへ。そこから相手男性を尾行。男性宅には表札も出ており、子供を含む家族で暮らしている様子が窺われる。

調査結果を伝えると、2週間後に依頼者から電話が有り、妻・相手男性との3人で話し合いを持ち、その結果妻は反省しパートを辞め、男性とは2度と会わないと約束したとのこと。
また、相手男性に対しては、当社より紹介した弁護士が念書を作成し、示談を進めている。

浮気行動調査 1日(延長時間無し) 約10万円

44歳妻より自営業の夫との離婚の為の浮気調査依頼

44歳妻(自営)より相談が入る。過去に何度かの浮気が有り、その都度謝り家庭を大事にすると約束してきたが、繰り返し裏切られている。今度こそは夫を信じることを止めて離婚したいと思っている。調停で有利に離婚する為に夫の浮気の証拠を取りたい。

翌日、当社相談ブースに依頼者が来訪。夫は過去に4回の浮気の発覚が有り、全て自営の工場に勤める従業員で社員も呆れている。創業者は依頼者の父親で他界してから夫が社長に就任している。仕事は確かに出来るが、女好きで一刻も早く離婚して、その後に会社からも追い出したい。今の浮気相手も従業員で氏名・住所全て判る。この女性は離婚歴が有り、一人暮らし。夫は色々と援助しているようだし、相手の家にも通っていると思われる。

話を聞いていると、ラブホテルに行くことも無く、相手女性と夫の二人でどこかに出掛けることも無さそうなので、夫は日曜日は仕事も休みでほとんど自宅に居るということから、女性の勤務日でもある月曜日から土曜日を調査日として6日間の調査を実施することとして、6日間の間にどれだけ頻繁に夫が女性宅を訪問し、どれだけの時間を滞在するかを確認し、その様子を映像及び写真に納める調査として依頼を受けた。

調査を実施すると、接待のあった金曜日以外は全て女性宅を訪問する夫を確認する。行動パターンもほぼ決まっており、女性は17時に退社すると駅に向かい電車で自宅最寄駅へ。駅近くのスーパーに立ち寄り、2人分の食材を購入。18時頃にコーポタイプのアパートに戻る。
その後19時30分~20時の間に夫が車で現れ、コーポ駐車場に停車し室内へと入っていく。女性宅コーポを23時過ぎに出て、車で真っ直ぐ帰宅するというものであった。

調査日程を終えて、6日間の内5日女性宅への訪問を確認ができた調査であったが、依頼者から念の為に翌週の6日間も調査して欲しいとの要請を受けたが、弊社担当から調査結果は証拠として充分である旨を説明した。

後日に調停の席で夫は女性と口裏を合わせて相談に乗っていただけだと主張したが、真実が裏付けられる状況が報告書に記載。「相談に乗っていた」との主張は全く認められることもなかったようである。
夫は離婚に渋々応じたものの、会社社長の座は降りようとせず。依頼者は当社が紹介した弁護士と協議し、この元夫の役員解任に向けて現在は動いている。

浮気行動調査6日間(延長時間無し) 約63万円

浮気調査(不倫調査)をご依頼される前に

ご依頼にあたって不安に思っていることはございませんか?

気調査(不倫調査)をご依頼される前に
  • 依頼を決めるまでは個人情報を明かしたくない
  • 調査料金の相場も判らないし、とても高いのでは?
  • しつこい勧誘や営業をされるのでは・・・
  • 誰にも知られずに調査を依頼できるのだろうか?

このような不安は初めてご依頼されるお客様のほとんどが
感じていらっしゃることです。
弊社の相談アドバイザーは、お客様の不安な気持ちを理解した対応を心掛けています。また、ご依頼者様が『頼んでよかった』と思っていただける状況に持っていくことが弊社の使命と考えます。
どのような相談もご安心してお話下さい。

トピックス

夫の浮気などでお悩みの方へ向けた浮気専門探偵からのトピックスです。
先ずは、こちらをお読み下さい。

TOPIC 6

9月も半ばに差し掛かり、8月までの暑さもようやくひと段落。
涼しい日も多くなり、過ごしやすい気候になってきましたね。

この時期に多いご依頼は、8月に続き浮気調査、不倫調査です。
夏に始まった浮気、不倫、あるいはもっと前から続いているのかもしれませんが、秋は浮気の証拠をおさえる絶好のチャンスとなります。
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、行楽の秋…等々、秋を表す言葉どおりに何をするにも良い季節です。
涼しい気候も相まって、遊びに、観光に人々の足取りが軽くなる季節です。
その上、9月、10月、11月と3連休が4回もあります。
この時になんらかの旅行や行楽の予定を立てている浮気や不倫をしているカップルも多いのではないでしょうか。

この秋、しっかりと証拠をおさえて有るべき正しい方向への材料として活用なさってはいかがでしょうか。
その為の調査は私達にお任せください。

9月17日

TOPIC 5

8月も半ばを過ぎ9月が近付いてきましたが、まだまだ残暑が続いております。
夏もそろそろ終わりですが、皆様はこの夏をどの様に過ごされましたか?
お祭り・花火大会・お盆休み、里帰り、海や山への旅行等、家族やパートナーと楽しい思い出作りが出来ましたか?

しかし、そんな楽しい思い出作りとは逆に、この時期は浮気調査・不倫調査のご相談が目立ちます。
仕事や出張など、何かしらの理由でお盆休みがいつもより少ない、または一緒に行動できる時間が少なくはありませんでしたか?
パートナーの行動に変化が現れていませんか?
もし、パートナーの行動に違和感を感じたら要注意です。
夏を境目に浮気や不倫が急速に盛り上がる、突然始まるといったケースも今まで数多くございました。
ほんの些細な違和感かもしれませんが、一番近い存在であるはずの貴方が感じるのなら何かしらの原因があるはずです。

「これくらいなんでもないだろう、きっと気のせい」

そう思わずに、まずはご相談下さい。

8月26日 ベテラン女性探偵アドバイザーより

TOPIC 4

「え?もしかして浮気?・・・。」仕事に行っていると思っていたのに・・・。休暇をとっていたなんて・・・。
そんなある日、彼の持ち物から見慣れない鍵を目に・・・。
浮気の兆候は、必ずあります。『浮気チェック』をご覧下さい。
チェックをしたら次の事を実行しましょう。浮気調査でギャフンと言わせるには、タイミングが大事です。
今回ここでコツを伝授しましょう。『相手を泳がせて尻尾を掴む!』 絶対に浮気男に逆上してはいけません。
また、決して問い詰めたりしてはいけません!あなたは、素知らぬふりを装ってください。いつも通りに。
そして、ササッと浮気調査をして浮気男に罰を与えましょう。

6月23日 ベテラン女性探偵アドバイザーYより

TOPIC 3

真実を知る事!これが何よりも大切な第一歩です!
「浮気の真実を知りたい!相手を知りたい!証拠を知りたい!慰謝料を請求したい!」
浮気調査・不倫調査は、安心のシステムで、秘密厳守の中で進めて参ります。
また調査完了後は、必要日数を頂いての報告書、写真、VTR等を整えさせていただいております。
調査を行う事は、問題解決に進むこととなります。

4月25日 ベテラン女性探偵アドバイザーより

TOPIC 2

浮気の兆候・・・(浮気専門探偵からのアドバイス)

  • 自分や家族になんだか関心がなさそう
  • 服の趣味が変わったり、頭髪などを気にするようになった
  • 音楽など、関心ごとに変化がある

ご依頼後は、調査のことだけではなく、「どんな態度で接するべきか?」といったその日から役立つアドバイスもさせていただきます。

4月1日 浮気調査専門アドバイザーより

TOPIC 1

浮気の兆候・・・(浮気専門探偵からのアドバイス)

  • 帰りが遅くなった
  • 携帯を肌身から離さない
  • 誰かとメールを頻繁にしている
  • 怒りっぽくなった又は変に優しくなった

こんな事に気付いたら悶々としないで、ご相談下さい

浮気調査専門アドバイザーより

  • 年中無休完全秘密厳守 0120-003-097
  • 浮気調査の無料相談はこちらから